ワンポイント英語講座

2004年2月から2007年3月まで配信していたメルマガ『今週のワンポイント英語講座』を、再構成してお届けするブログです。使える英語表現、英語的雑学などを、英字新聞や洋雑誌、音楽などを素材に楽しく学びましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディクテーションのススメ

今回は、ディクテーションでリスニング力を向上させる方法をご紹介します。

ディクテーションとは、聞こえた英文をテキストを見ずに書き取る練習です。リスニング力の向上は、まずは音を聞き取り、次に意味を理解するというステップを踏んでいきましょう。

素材選びについては、「一見簡単そうなもの」をご用意ください。見たらわかるものも、聞くと意外とわからないものです。

では、実際のディクテーションを始めてみましょう。

1)一度通して聞く
2)文や意味の区切りで止めながら書き取る
3)テキストを見て間違ったところを確認する
4)テキストを見ながらもう一度聞く
5)音読する
6)テキストを見ずに聞いてみる

このようなステップを踏みます。もう少し詳しくお話しましょう。





1)一度通して聞くのは、おおよその話の流れを想像するためです。理解度を5段階でメモしておいて、あとで比べてみましょう。

2)一語一語で止めるのではなく、なるべく意味のかたまりで、できれば一文で止めて書き取るようにしてください。書き取る時のコツは、単語やフレーズがわからなくても、聞いた音を自分で再生できるようにひらがなやカタカナで書いておくことです。ここでは、何度繰り返してもけっこうです。

3)何度聞いてもこれ以上は聞き取れないというくらいまできたら、テキストを開いてください。聞き取れなかった箇所は、単語力や文法知識の問題なのか、知っている単語やフレーズなのに音の法則が聞き取れなかったのか、など原因を分析しましょう。知らなかった単語はここで覚えます。

4)テキストを見ながら音声を聞き、目でも確認します。そうすることで英語の音・リズムと文字を一致させます。

5)音読をすることで、さらにリスニング力がアップします。また、スピーキング力の向上にもつながります。最初はテキストを見ながら音声と一緒に、次に音声ナシで、最後にテキストを見ずに音声と一緒に音読しましょう。

6)テキストを見ずに再度音声を聞いてみます。理解度を5段階で自己判断してください。1)で聞いたときより必ず聞き取れるようになったことが実感できるはずです。

このようなことを繰り返すと、リスニング力のみならず、語い力や文法力、スピーキング力も相乗効果で上がってきます。今すぐ、お手持ちの教材で始めてみましょう。Good luck!

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。