FC2ブログ

ワンポイント英語講座

2004年2月から2007年3月まで配信していたメルマガ『今週のワンポイント英語講座』を、再構成してお届けするブログです。使える英語表現、英語的雑学などを、英字新聞や洋雑誌、音楽などを素材に楽しく学びましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間違えやすい英語

日本人が間違えやすい英語表現について見ていきます。

早速、次の日本語を英語にしてみましょう。

1.疲れちゃった。もう寝るね。
2.この仕事はとても疲れる。
3.あなたは歴史に興味がありますか?
4.そのアイデアは興味深いね。
5.子どもたちはその試合にとても興奮している。
6.彼の話はとてもわくわくするものだった。





解答(例)です。ご自身で英語にしてから読み進めてくださいね。
1. I'm tired. I'll go to bed.
2. This work is very tiring.
3. Are you interested in history?
4. The idea is interesting.
5. The children are excited about the game.
6. His story was exciting.

さて、ここで何かお気づきになりましたでしょうか?
"--ed"と"--ing"の形で使い方をつい間違えてしまう例をとりあげまし。
やや乱暴ですが、簡単に考える場合は、人を主語にする時は"--ed"、物を主語にする時は"--ing"という形になります。
もう少し詳しくお話しすると、もともとは"tire", "interest", "excite"という他動詞で、それぞれ「疲れさせる」「興味をもたせる」「興奮させる」という意味になります。
ですから、間違って1番を"I'm tiring."などと言ってしまうと、「私は
(誰かを)疲れさせている)」という意味になってしまうんですね。

では、これを踏まえて再度日本語を英語にしてみましょう。

7.彼の話に退屈した。
8.これはつまらない本だ。
9.そのニュースを聞いて驚いた。
10. そのニュースは驚きだ。

いかがでしょう?迷わずできましたか?
正解(例)です。

7. I was bored with his story.
8. This is a boring book.
9. I was surprised at the news.
10. The news is surprising.

頭ではわかっていても、特に話す時に混乱する方が多く見られます。
“慣れ”が必要ですので、今日の例文だけでも何度も声に出して読んでおきましょう。Good luck!

ネイティブスピーカーの単語力〈3〉形容詞の感覚 (Native speaker series) ネイティブスピーカーの単語力〈3〉形容詞の感覚 (Native speaker series)
ポール・クリス マクベイ、大西 泰斗 他 (2003/07)
研究社

この商品の詳細を見る

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。