FC2ブログ

ワンポイント英語講座

2004年2月から2007年3月まで配信していたメルマガ『今週のワンポイント英語講座』を、再構成してお届けするブログです。使える英語表現、英語的雑学などを、英字新聞や洋雑誌、音楽などを素材に楽しく学びましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

右脳を育てる英語練習

このところ“右脳教育”とか“右脳活性化”などが一つのキーワードになっています。すでにいろいろな本が出版されていますが、英語を声に出すことも右脳の活性化につながります。そこで、今回は手軽に“右脳の活性化”を図れる英語練習をご紹介します。

早速ですが、ストップウォッチ and/or タイマーをお手元にご用意してください。それでは、“右脳活性化”英語練習に入りましょう。

1.ストップウォッチ編

まずはウォームアップです。1から30までを英語で数えてみましょう。
なるべく早口でお願いします。タイマーで時間を測ってみてくださいね。
Ready! Steady! Go!

さあ、どのくらいかかったでしょうか?何度もやって記録更新を目指しましょう。

慣れてきたら1から50までにしたり、80から100にしたりとバリエーションを作って、更に脳を活性化させていきましょう。



次は早口言葉です。タイムをどこまで縮められるか挑戦しましょう。

She sells seashells on the seashore.
The shells that she sells are seashells I'm sure.
So if she sells seashells on the seashore,
I'm sure that the shells are seashore shells.

もう一ついきます!
Betty Botter bought some butter.
But, she said, the butter's bitter.
If I put it in my batter,
It will make my batter bitter.
But a bit of better butter
Will make my batter better.
So she bought a bit of butter,
Better than her bitter butter.
And she put it in her batter.
And the batter wasn't bitter.
So 'twas better Betty Botter bought a bit of better butter.

2. タイマー編

さあ、今度はタイマーを使った右脳活性練習です。30秒間で、次のトピックで思いつく英単語をできるだけたくさん挙げてください。声に出すことがポイントです。
動物でいきましょう。Ready! Go!

いくつ挙げられましたか?その他「スポーツ」や「部屋にあるもの」などをテーマに同じように30秒間でたくさんの単語を挙げてみましょう。

これでみなさんの右脳もかなり活性化されました。毎日少しずつでもいいので、このような練習をとりいれましょう。ご存知のとおり、右脳活性化により記憶力がよくなりますので、英語学習にも効果的です。右脳を活性化させる練習は、比較的単純であることとスピードが勝負です。
あなたもオリジナルの“右脳活性化”英語ゲームを作ってみてはいかがですか?Good luck!

七田式超右脳英語トレーニング七田式超右脳英語トレーニング
(2003/04)
七田 眞

商品詳細を見る

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。