FC2ブログ

ワンポイント英語講座

2004年2月から2007年3月まで配信していたメルマガ『今週のワンポイント英語講座』を、再構成してお届けするブログです。使える英語表現、英語的雑学などを、英字新聞や洋雑誌、音楽などを素材に楽しく学びましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Trick or treat!

日本でもすっかりお馴染みになってきたハロウィーンの季節です。みなさんは、ハロウィーンのことをどのくらいご存知でしょうか。

早速、ハロウィーンについて簡単にご紹介しましょう。
10月31日なのですが、この日の夜、死者や先祖が帰ってきたり、また妖怪や魔女が浮かれ騒ぐと言い伝えられてきました。ちょうちんを灯すのは、帰ってくる先祖の霊を導くと同時に悪霊を近づけないために燃やされたかがり火の名残です。現在では、子どもたちが仮装をしてTrick-or-treatingをするお祭りのような日になっています。各家庭をまわりお菓子を集めるのですが、ちょうちんの灯りがついている家は「家に来てもOK」の印となっています。



さて、ここでハロウィーンにまつわる言葉をとりあげます。英語で説明しますので、何を表しているか考えてみてください。
もちろん、英語で答えてくださいね!

1. a woman who has magic powers
2. a dead person who appears again
3. a lamp made by putting a candle inside a pumpkin which has had
holes cut into it in the shape of eyes and a mouth
4. a flying mouselike animal that usually eats in sects or fruit and is active at night
5. various types of boiled sugar, sweets, or chocolate
6. a small, often ugly, fairy that is usually unkind or evil and plays tricks on people
7. a dead body preserved from decay by treatment with special substances,especially as in ancient Egypt

さあ、できたでしょうか?
正解は、1. witch, 2. ghost, 3. jack-o'-lantern, 4. bat, 5. candy, 6. goblin, 7. mummyです。

英語を学ぶ上では、海外の文化を知ることも大切です。できれば、ハロウィーンをテーマにした洋書を何か1冊読んでみましょう。子供向けの絵本がおすすめです。Good luck!

アメリカの祝日・アメリカの日常生活アメリカの祝日・アメリカの日常生活
(1995/10)
堀口 俊一

商品詳細を見る

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。