FC2ブログ

ワンポイント英語講座

2004年2月から2007年3月まで配信していたメルマガ『今週のワンポイント英語講座』を、再構成してお届けするブログです。使える英語表現、英語的雑学などを、英字新聞や洋雑誌、音楽などを素材に楽しく学びましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ文化のトリビア

今回はアメリカ文化についての知識を増やしましょう。

まずは、独特の言い回しをご紹介します。次の文のカッコにどんな単語が入るか考えてみてください。

1. Been there, done ( ).
2. ( ) and Eve.
3. America the ( ).
4. Louisiana is in the Bible ( ).
5. First come, first ( ).

いかがでしょうか?
正解は、1. that, 2. Adam, 3. beautiful, 4. Belt, 5. served です。

1.全て経験済み
2.神が初めて造ったとされる人、人間の祖先
  Adamは男性、Eveはその妻です。
3.美しき国アメリカ
4.ルイジアナ州はキリスト教篤信地帯です。
5.早い者勝ち

このような意味です。聞いたことのある表現もあったかもしれません。

次に、良く見かける略称をご紹介します。以下の略称が何を表しているかご存知ですか。





6. WASP, 7. CIA, 8. FDA, 9. Ph.D., 10. IRS

正解は、
6.a White Anglo-Saxon Protestant
  ワスプ--米国の支配的特権階級を形成するとされる、アングロサクソン系で新教徒の白人
7.Central Intelligence Agency(中央情報局)
8.Food and Drug Administration(食品医薬品局)
9.Doctor of Philosophy(博士号)
10.Internal Revenue Service(国税庁)

本日見てきたようなことを少し知っておくだけで、映画やドラマがぐっと楽しくなります。英語の表現は、その文化的特徴が大いに影響されているものが多いです。英語そのものの学習だけではなく、時には文化的な背景にも目を向けて見ましょう。Good luck!

アメリカ人の英語―文化と言葉のまるわかりガイドアメリカ人の英語―文化と言葉のまるわかりガイド
(2006/02)
ディレリ・ボルンダ ジョンストン

商品詳細を見る

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。