FC2ブログ

ワンポイント英語講座

2004年2月から2007年3月まで配信していたメルマガ『今週のワンポイント英語講座』を、再構成してお届けするブログです。使える英語表現、英語的雑学などを、英字新聞や洋雑誌、音楽などを素材に楽しく学びましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の意見を伝える表現

今回は“自分の意見を主張する”ための英語表現を見ていきます。ただし、その前に1)人の話を聞く、2)自分の意見を持つ、ことが大切です。忘れないようにしましょう。

まず、賛成か反対かをはっきりさせる表現です。次のことを英語で言ってみてください。

1.その点には賛成です。
2.反対です。
3.言っていることは理解しますが、賛成できません。

英語では、このように表現します。

1. I agree with that point.
  
"agree with"で、「(~に)賛成する」という意味になります。
そのほか、"You can say that again.", "No question about it."なども使えます。

2. I don't agree with you.

"I disagree with you."だと少し強い感じです。
その他、"I don't think I can agree."などもよいですね。

3. I see your point, but I can't agree with you.

"see"は、「わかる」「理解する」という意味です。良く使いますので覚えておきましょう。

では、次に自分の考えを表現する場合を考えましょう。次の内容を英語にしてみてください。

4.~だと思います。
5.~ではないでしょうか。
6.~のはずです。





微妙にニュアンスの違いがありますが、英語では次のように表現します。

4. I think ...
  
この表現はすぐに思いついたかもしれませんね。
"I think he did it."(彼がやったと思うよ)などと使います。

5. I guess ...
  
"guess"は「(推測して)思う」という意味です。
"I guess we have no class this afternoon."(今日の午後は休講じゃないかな)

6. I suppose ...
  
"suppose"は「(想定して)思う」時に使います。
"I suppose they have already left."(彼らはもう出発したはずだよ)

最後に、もう少し主張できるような表現を磨きましょう。またまた英語にしてみてください。

7.個人的な意見としては~
8.私の観点から言うと~
9.私の論点では~です。
10.~だと言っているのです。

ちょっと難しいかもしれませんが、見ていきましょう。

7. In my opinion, ...
  
例)In my opinion, the Japanese economy is getting better.

8. From my point of view,
  
例)From my point of view, fall is the most beautiful season in Japan.

9. My point is ...
  
このあとは自分の論点を文章にして言います。

10. What I am saying is (that) ...
  
ちょっと誤解されたときや強調するときに使います。この表現の後も文章がきます。

英語で自分の意見を主張するときは特に、理由づけが求められます。「好きだから好き」というのは許されない世界なのですね。私が実際に経験したことですが、「パーティーを・・・というレストランでやろう!」という話でさえも"Why?"となるのが欧米人です。今、中学や高校でも、ディベート研修をやりたいという学校が増えています。その前に“自分の考えを持つ練習をしましょう”と私はアドバイスをしています。みなさんも、時々でいいので"why-because"を念頭においてものごとを考えてみましょう。Good luck!

意見・考えを論理的に述べる英語表現集 (CD BOOK)意見・考えを論理的に述べる英語表現集 (CD BOOK)
(2007/03/15)
石井 隆之

商品詳細を見る

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。