FC2ブログ

ワンポイント英語講座

2004年2月から2007年3月まで配信していたメルマガ『今週のワンポイント英語講座』を、再構成してお届けするブログです。使える英語表現、英語的雑学などを、英字新聞や洋雑誌、音楽などを素材に楽しく学びましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「よろしくお願いします」

今回は、英語で表現するのが難しい日本語について考えてみましょう。
「がんばって!」「よろしくお願いします」「やっぱり」をそれぞれ、英語で何というか考えてみてください。


「がんばって!」

みなさんだったら、何と言うでしょうか?
"Try hard.", "Do your best.", "Hang in there!"・・・。
どれも間違いではありません。しかし、実際には"Good luck!", "Take it easy!", "Don't work too hard."などと声をかける欧米人が多いような気がします。文字通りの意味は真逆に近いのですが、余計なプレッシャーを与えずにリラックスしてこそ本来の力を発揮できるムードを作るという発想ですね。
ですから、日本に長く住んでいる外国人は、日本語で「がんばって!」「がんばるよ!」と言います。そのほうがしっくりくるのでしょう。

「よろしくお願いします」

これはみなさんはどのように表現しますか?
実は、「よろしくお願いします」には英語であてはまる表現がありません。そこで、似たような状況で使う表現を考えてみましょう。例えば、初対面で挨拶をした人に対して「よろしくお願いします」という
時はどうでしょうか。みなさんよくご存知の"Nice to meet you."がこれにあてはまります。
では、仕事の話をしていて「よろしくお願いします」と言いたいときはどうでしょう。"Thanks in advance."と表現することがあります。何か依頼をしたことに対して実施の前に使うものですが、あまり一般的とは言えないようです。
「がんばって!」と同様、日本にいる外国人は、英語で話をしていても「よろしくお願いします」と日本語で言う人が多いです。





「やっぱり」

これはどうでしょう?
なかなか難しい日本語ですね。いろいろな意味で使うというのも理由の一つです。
まず、「思ったとおり」「どおりでね」と納得するときであれば、"as I thought", "No wonder."などが使えるかもしれません。
次に、「気が変わった」という場合は"I change my mind."と言えるでしょう。
最後に、「よく考えてみると」という意味では、"Come to think of it"という表現がしっくりするかもしれません。

そのほか「なつかしい」も英語にするのが難しい日本語です。
これは、言葉の背景にある文化の違いが大きく影響しています。概念がないものには言葉が存在しませんので、概念の違いがあるものについては日⇔英の変換に苦戦します。ここが言語を学ぶ楽しさでもあるのですが、みなさんだったらどのように表現するか考えてみてください。Good luck!

訳せそうで訳せない日本語 きちんと伝わる英語表現 (ソフトバンク新書 62)訳せそうで訳せない日本語 きちんと伝わる英語表現 (ソフトバンク新書 62)
(2008/01/16)
小松 達也

商品詳細を見る

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。