FC2ブログ

ワンポイント英語講座

2004年2月から2007年3月まで配信していたメルマガ『今週のワンポイント英語講座』を、再構成してお届けするブログです。使える英語表現、英語的雑学などを、英字新聞や洋雑誌、音楽などを素材に楽しく学びましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネイティブ感覚の英語

“コロケーション”という言葉をご存知でしょうか。

今回は、よりネイティブらしい表現を身につけるコツを学びましょう。まずは、次の日本語を英語にしてみてください。

1.母校の夢を見た。
2.彼は新事業を始めた。
3.私は野球をするのが好きです。
4.彼女は超健康的です。
5.私は出張でタイに行く予定です。

いかがでしょうか。解答例と解説です。

1. I had a dream about my old school.

夢を「見る」というときに使うのは、"see"でも"look"でもありません。"have"なのですね。"have a dream"とセットで覚えましょう。

2. He launced a new business.
または、He set up in business.

「始める」という表現も、次にどのような言葉が来るかによって変わってきます。「事業を始める」一つとっても、"launch a new business"または"set up in business"となり、同じ"business"という単語も組み合わせによってそのまま使ったり前置詞を伴ったりします。

3. I like playing baseball.

野球を「する」と日本語では言いますが、「する」という意味の代表"do"を使うわけではないのですね。"play baseball"がセットです。

最速ブログ検索はAsk.jp

4. She is in perfect health.

「超」を表す英語はたいてい"great"で通用しますが、"health"と相性がいいのは"perfect"です。

5. I'm going on a business trip to Thailand.

「出張」は、つまり「仕事での旅行」ですね。しかし、"business travel"とは言えますが"business journey"とは言いません。

もうお気づきかもしれませんが、“コロケーション”というのはこのネイティブの使っている自然な語句の組み合わせ、相性のことを言います。もちろん、日本語の発想で少しくらい違う単語を使っても通じることは通じます。しかし、せっかく英語を学習しているのであれば、ネイティブと同じような言い回しをさらりと使いこなしたいですよね。

普段何気なく使っている単語にも相性があります。このようなネイティブ感覚を身につけるには、普段から声に出して英語を読むということが一つ挙げられます。今日の6つの例文も、何度も声に出して読みましょう。さらに余裕のある方は、例文を応用して同じ文型のたくさんの英文を作り、声に出して読みましょう。

例1.I had a bad dream about my old school.

これは、"dream"と相性の良い"bad"をさらに加えた形です。
I had a strange dream about my old school.とも入れ替えられます。

"dream"を辞書で引いてみると、例文が載っています。そこから"dream"と一緒に使われる単語が見えてくると思います。辞書にある例文を片っ端から音読するのももう一つの方法です。

さあ、今から辞書で何か一つ単語を引いてみてください。初心者の方は名詞から始めると良いですね。知っている単語をいかに使いこなすか、これがあなたの英語力を磨く第一歩です。
Good luck!

仕事の英語この単語はこう使う!―仕事で使うキーワードとコロケーション仕事の英語この単語はこう使う!―仕事で使うキーワードとコロケーション
(2007/02)
日向 清人

商品詳細を見る

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。