FC2ブログ

ワンポイント英語講座

2004年2月から2007年3月まで配信していたメルマガ『今週のワンポイント英語講座』を、再構成してお届けするブログです。使える英語表現、英語的雑学などを、英字新聞や洋雑誌、音楽などを素材に楽しく学びましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男脳と女脳

さて、今回は男女の違いを英語で読んでみましょう。"You Just Don't Understand"という本からの拾い読みです。

突然ですが、皆さんは男性と女性のどちらがおしゃべりだと思いますか?

著者のDeborah Tannenさんは、この本の第三章の冒頭で、「夫があまりしゃべってくれない」と不平をもらす女性の話をします。男性は、「確かに家では僕は話すことがないけど彼女の場合は話が尽きない」といいます。別の女性は、「外でパーティーなどに行くと、たまたま他の部屋にいるときは夫が話している声が聞こえるのに、家に帰ると全然彼は話さずに自分がほとんどしゃべっている」と言っています。このあとの統計的な話の部分は飛ばします。

Who talks more, then, women or men? The seemingly contradictory evidence is reconciled by the difference between what I call "public" and "private speaking." More men feel comfortable
doing "public speaking," while more women feel comfortable doing "private" speaking. Another way of capturing these differences is by using the terms "report-talk" and "rapport-talk."

どうでしょう?
Deborahさんによると、男性は"public speaking"を好み、女性は"private speaking"を好むというわけです。この男女の違い、みなさんは同感ですか?

さて、英文についてはおおよそのことがわかればいいでしょう。ここでは3点ほど日常に使える表現を見ておくことにします。

まず、"Who talks more, women or men?"ですが、2つのことを比較してどちらがどうなのかを問う文章です。"Which do you like better, rice or bread?"などと応用できます。

次に、"what I call"という表現です。文字通りには「私が呼ぶところ」という意味で日本語にしにくいですが、類似表現として"what is called"(つまり、いわゆる)が挙げられます。今回は、"what I call"となっていますから、Deborahさん独自の考えである"pubulic speaking", "private speaking"と意味からカッコでくくられています。"what is called"の方は、もっと一般的に知られているものについて使われます。

最後に比較対象を挙げる表現です。"More men feel comfortable doing "public speaking," while more women feel comfortable doing "private" speaking."で見られるように、「S1 + V1, while S2 + V2」という形で「S1はV1である。一方、S2はV2である」という意味です。ここでは、男性と女性の比較ですね。「多くの男性は"public speaking"をするのが心地よいと感じるのに対し、女性の多くは"private speaking"をするのが気が楽である」ということです。

この続きでこの男女の違いについて詳しく書かれているので、少しだけ見ることにします。



For most women, the language of conversation is primarily a language of rapport: a way of establishing connections and negotiating relationships.(中略)From childhood, girls criticize peers who try to stand out or appear better than others.(中略)
For most men, talk is primarily a means to preserve independence and negotiate and maintain status in a hierarchical social order. (中略)From childhood, men learn to use talking as a way to get and keep attention.

女性にとって言葉は他人との調和した関係を築くための道具であり、男性にとっては自分の社会的地位を確立するための手段なのですね。

ここで注目したいのは英文の構造です。対照的な文章ですが、"the language of conversation"と"talk"、"way"と"means"は同じことを指しています。英語は、同じ言葉の繰り返しを嫌う言語です。似たような構成の時は別の言葉に代えて表現されるため、多少わからない単語があっても前に出てきた
別の言葉に置き換えて読み進められるのです。受験や英検、TOEIC、その他資格試験の英語長文も同じです。たまには日本語訳のない英文を読むことで、わからない単語に引っかからずに読み進めるコツを身につけましょう。Good luck!

You Just Don't Understand: Women and Men in ConversationYou Just Don't Understand: Women and Men in Conversation
(2001/07/24)
Deborah Tannen

商品詳細を見る

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。