FC2ブログ

ワンポイント英語講座

2004年2月から2007年3月まで配信していたメルマガ『今週のワンポイント英語講座』を、再構成してお届けするブログです。使える英語表現、英語的雑学などを、英字新聞や洋雑誌、音楽などを素材に楽しく学びましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

類義語の使い分けチェック

さて、今回は似ている意味の単語を正しく使い分けられるようにしましょう。

まずは、次の日本語を英語にしてみてください。

1.あなたがポケットにカギを入れるのを見たよ。
2.この暗闇では何も見えないわ。
3.見て!あれ、絶対ブラッド・ピットよ!
4.彼女は私を見て微笑んだ。

「見る」がキーワードなのですが、まず解答(例)を確認してください。

1. I saw you put the key in your pocket.
2. I can't see anything in this dark.
3. Look! I'm sure that's Brad Pitt!
4. She looked at me and smiled.

"see"と"look"の違いを、この例文から何となく想像することができるでしょうか。"see"はとにかく「目に入ってくる」ことを指し、"look"は「注意して見る」ことを表します。





今度は別のキーワードを見てみましょう。また、日本語を英語にしてみてください。

5.彼女はあなたに名前を言いましたか?
6.そのことについてマネージャーに話しました。
7.私たちは電話で1時間話した。

「話す」「言う」という意味の単語がポイントです。

5. Did she tell you her name?
6. I've spoken to the manager about it.
7. We talked on the phone for an hour.

"tell"は「情報を誰かに伝える」、"speak"は「とにかく話をする」、"talk"は「会話する」というのが大きな概念となります。その他、"say"というのも仲間の単語ですが、これは単純な発話(口から音声を出すこと)を表します。"What did you say?"など。

日本語ではあまり意識して区別されていない言葉でも、英語では明確に区別されて使われているものがあります。まずはこの例文を声に出して読み、感覚を身につけましょう。余裕のある方は辞書でその他の例文を確認しておきましょう。Good luck!

研究社 英語類義語使い分け辞典研究社 英語類義語使い分け辞典
(2006/07)
研究社辞書編集部

商品詳細を見る

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。