FC2ブログ

ワンポイント英語講座

2004年2月から2007年3月まで配信していたメルマガ『今週のワンポイント英語講座』を、再構成してお届けするブログです。使える英語表現、英語的雑学などを、英字新聞や洋雑誌、音楽などを素材に楽しく学びましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語のなぞなぞ

今回は英語のなぞなぞで頭の体操をしましょう。

なぞなぞは英語では"riddle"と言います。早速、次のなぞなぞの答えを考えてみてください。

Q1. What can you catch but never throw?
("catch"できるけど投げられないものは?)

Q2. Why is Ten afraid?(なぜ数字の10は怖がっているか?)

Q3. Why is the letter E like London?
("E"がロンドンと似ているのはなぜ?)

Q4. Who succeeded the first Prime Minister of Australia?
(オーストラリアの初代首相を引き継いだのは誰?)

Q5. Which month of the year has twenty-eight days?
(28日あるのは何月?)

オンラインDVDレンタルならDMMがお得!

さて、おわかりでしたか?まずはご自身で考えてから読み進めてください。

A1. A cold.

"catch a cold"で「風邪を引く」という意味です。

A2. Because Seven ate Nine.(7が9を食べちゃったから)

"seven, eight, nine(7, 8, 9)"と発音が同じです。

A3. Because E is the capital of England.(Eはイギリスの頭文字だから)

"capital"には「首都」の他に「頭文字」という意味があります。
"London"はイギリスの「首都」、"E"はイギリスというつづりの「頭文字」、それで"London"と"E"は似ている(共通点がある)のですね。

A4. The second.(2代目)

名前を知っている必要はありませんし、オーストラリアに限らなくても良いなぞなぞでした。初代大統領の次はもちろん2代目です。

A5. All months.(全部)

もちろん、どの月も28日は存在します。

なぞなぞですから、頭を柔軟にしましょう。楽しく英語を学びながら脳の活性化にもつながります。インターネットなどで調べて、他のなぞなぞにもぜひ挑戦してみると脳がますます活性化しますね。Good luck!

英語脳はユーモア・センスから―ビジネス・日常会話に役立つジョーク集 (ベスト新書)英語脳はユーモア・センスから―ビジネス・日常会話に役立つジョーク集 (ベスト新書)
(2005/02)
丸山 孝男

商品詳細を見る

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。